バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

「チャゲチャ」というジャンプ史上伝説の漫画

 個人的に印象に残っているにもかかわらず、世間的にはマイナーな漫画を紹介するコーナー第二弾です。

 

ちなみに前回は「いでじゅう」でした。

bananarian.hatenablog.com

 

 

チャゲチャ」という漫画を皆さんはご存知でしょうか。

これなんですけど

 

ボボボーボ・ボーボボで有名な澤井先生の作品です。

いやこれ、何が伝説かというと、長期連載予定の作品だったにもかかわらず、歴代最速で打ち切りになった作品でして、

 

上の広告も見ても分かる通り、1巻分しかないんですね笑

 

いやあ、別に個人的には面白いなあ(というか、色々な意味でノリに慣れてきた)と思っていたタイミングでの打ち切りだったので、そこそこショックで、単行本も買ってしまったわけです。

 

 

というか皆さん「ボボボーボ・ボーボボ」はご存知ですか?

 

 

チャゲチャは実はこの「ボボボーボ・ボーボボ」が完結した後に、澤井先生期待の次作として出された作品で、結構ノリがボボボーボ・ボーボボ」感全開なわけです。

 

 

ボーボボをご存知の方ならわかると思いますが、

 

このノリ、かなり人を選ぶというか、合う人にとってはメチャメチャ面白いんですけど、合わない人からは尽く冷ややかな目で見られてしまうっていうリスキーギャグなんですね。

 

それを次作にて更に突き詰めた結果、全く読者から受け入れられない作品と化してしまい、アンケート結果が期待から一転、急落し、打ち切りになってしまった。

 

それがチャゲチャ」という作品です。

 

スポンサーリンク

----------------------------

----------------------------

 

ちなみに、澤井先生ですが、このチャゲチャで痛い目を見たせいか、以降の作品では画風を完全に切り替えてしまい、ノリも完全に方向転換してしまいました.....

 

ボーボボチャゲチャの画と比べてみると、ずいぶん様子が様変わりしていますね。

かなり可愛い系にシフトしています。