バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

東京でのインターン、関東の学生のレベルの高さに驚かされる日々

以前お知らせした通り、現在、東京の方でインターンに参加しています。

今日の晩に夜行バスで東京に行ってきます - バナナでもわかる話

というわけで、あまり重い記事は書けないので(書く元気がないので)、簡単に日記で終えることにします。 

 

 

インターンについて詳細な話は出来ませんが、楽しい反面中々大変なことも多く、反省点も多数見つかり、非常に有意義です。

 

まだ関東でのインターンは数回しか参加していないのですが、偶然でしょうか。

関西でのイベントより、関東でのイベントの方が、周りの熱が違うような気がするんですよね。

 

やる気然り、積極性然り、就職対策の類も話を聞く限りでは関東で知り合った方の方が色々やっている印象でした。

 

関西の就活イベントでは比較的学生サイドはノホホンとしている印象があります。

 

関東の方からすると「むしろ、わざわざ関西から関東まで就職活動にやってくる君たちの方が脅威に見える」らしいのですが。

 

こっちからすると「関西では就活イベント少ないから、関東に行かざるを得ないだけ!!」なんですけどね笑

 

 

今日撮影した東京駅↓

f:id:bananarian:20181018105703j:plain