バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

最近観た一風変わった映画を紹介!刺激で寒さを忘れよう

最近寒いですね。

私は北海道出身なので、よく寒さに強いと思われがちですが

道内の屈強な暖房設備に慣れきってしまっているため

むしろ大阪の冬はめちゃくちゃ寒いです。

 

寒いと、用事がない限りなるべく外に出ない、

そして布団からも出ない、なんて日があります。

布団の中でできる趣味として、映画鑑賞があります。

 

と、ちょっと無理やり?だったかもしれませんが

実は私、今まで言及してきませんでしたが、意外と映画好きなんです。

と言っても、まだまだあまちゃんですが…

そんな私が最近観た、一風変わった映画をいくつか紹介したいと思います!

スポンサーリンク

 

 

『哭声(コクソン)』

韓国映画です。韓国ドラマは人気がありますが、韓国映画はなかなか馴染みない方もおられるでしょうか。

この映画は、かなり不気味なミステリ?スリラー?な作品です。

もちろんネタバレは控えますが、とにかく國村隼演じる日本人が怖い!笑

テーマとしては、神と悪魔、善悪なんかでしょうか。

だいぶ難解な映画なので、鑑賞後は解説などを漁ってみるのをオススメします。

 

似たジャンルの映画としては、かの名作『エクソシスト』ですね。

かなり影響受けていると思います。

また、少し脱線しますが、他の韓国映画のオススメは『新感染 ファイナル・エクスプレス』です!これは劇場まで観に行きましたが、すごく良かったです。ゾンビものですが、そんなに怖くないのでオススメです。テーマは家族愛。

 

『パーティで女の子に話しかけるには』

一見、ポップなタイトル、ポップなジャケットですが

観てみるとなかなか癖の強い作品でした。

 

新時代のボーイミーツガール作品、と謳われている通り、冴えないパンク少年と宇宙人美少女の恋愛作品です。あまり説明的ではないので、途中途中でストーリーが追えなくなりそうでしたが、なんとか大丈夫でした。

ちょっと好き嫌いが分かれますかね〜。

でも、ヒロインの女の子がひたすら可愛い!これだけで観られるかもしれません笑。

 

イギリスを舞台にしたミュージック映画では『シング・ストリート』なんかも有名ですよね。

 

『マザー!』

これはサイコスリラー作品です。

しかしながら、2度観たくなること間違いなし、意味深映画なんです。

公開時は、その刺激的な内容から賛否両論の嵐だったらしく

日本では公開されていません。

まあ、海外で炎上した映画を配給・宣伝するほど日本の映画界に余裕はありませんよね笑。

 

でも、衝撃作です!見応えはありました。

この作品は暗喩が多分に含まれています。

タイトルにもなっているマザー=母は「母なる地球」のことです。

少しネタバレになってしまいますが、地球が主人公な作品なんですよ。斬新じゃあないですか!

聖書の知識も少し荒ればより楽しめますので、ちょっと刺激的な映画を観たい方は是非。

『ブラック・スワン』の監督なので、不気味なのはしょうがないんですかね〜?

 

 『RAW 少女の目覚め』

これはもうなかなかにエグいです。

でも、これも『マザー!』と同様で、暗喩です。

エグい描写も暗喩だと思えば心が楽になりますよね(私だけ?笑)

 

カニバリズム的な描写が随所で観られますので、苦手な方は苦手だと思います。

というか、私もちょいちょい目をそらしました(スプラッタとか苦手)

でもやっぱり、これも深いんです。

少女の思春期への不安、恐怖、欲望をあえて刺激的に表現することで

痛烈に描いています。そして、監督自身も明示している通り「愛」の映画なんですねえ。ヒロインの怪演ぶりも素晴らしかったです。

イタイ描写やエグい描写への耐性が必要なため、かなり好みが分かれますがオススメです。

 

 

以上が、最近観た映画の中でも一風変わっていたかなと思います。

よくあるハッピーエンドや実話ベースの感動ドラマ、NYばかり守るヒーローアクションも好きですが、たまにはこういう映画もどうでしょうか?笑

ほとんどの作品が2018年12月現在、アマゾンプライムで観られますので、お時間あれば是非。

 

もしご覧になった方がいらっしゃれば、感想などお聞かせください。

映画談義してくれる友人がなかなかいないので笑。

 

それでは、布団に戻ります、風邪を引かないように気をつけましょう〜