バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

多項プロビットモデルだけで1冊書いてる本を見つけた

今日大学の図書館の書庫を彷徨っていたら、面白そうな本を見つけました。

Multinomial Probit: The Theory and Its Application to Demand Forecasting

なんとこの本、multinomial probit(多項プロビットモデル)だけで1冊の本になっているらしく、多項プロビット関連の話でそんなに書くことあるのだろうか....と思いつつ興味本位で借りてみました。

スポンサーリンク


一応目次だけ書いておくと
chapter1 An introduction to Disaggregate Demand Modeling in the Transportation Field
chapter2 Maximum-Likelihood Estimation: Computational Aspects
chapter3 Statistical Aspects of Multinomial Probit Model Calibration
chapter4 Prediction: Mechanical Aspects
chapter5 The Statistical Interpretation of Predictions
Appendix A~D

という構成。

とりあえず、一通り読んだらまた追加でレビューでも書こうと思います。