バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

【香川・観光】冬の男木島で猫と戯れてきた

ここ数日、香川県に行っていました。
というわけで、何回かに分けて香川の観光について書こうと思います。
今回は男木島!
f:id:bananarian:20190208102811j:plain

目次

スポンサーリンク


男木島とは

www.my-kagawa.jp

香川の観光名所の一つで、アートと猫の島と呼ばれている小島です。
島全体がアート展のようになっていて、しかもそこら中に猫が居ます。
猫愛好家が泊まりに来る事でも有名みたいです。

香川の高松駅から徒歩5分ほどの距離にある高松港にてフェリーで40分。
意外と簡単に行ける!

ちなみに対になっている島として女木島があり、ここはフェリーで20分です!
通称鬼ヶ島👹と呼ばれていて、そこら中に鬼がいます笑

冬の男木島

で、私は今回冬のこの時期(2月初め)に男木島に行ったわけなのですが、男木島は夏に行った方が良いですね(笑)

男木島の見どころは「猫」「アート」だそうなのですが、アート作品のほとんどは飲食店とセットになっており、

飲食店が休業している冬は、「アート」がほとんど楽しめない!

まあ猫も十分可愛いんですけど。

フェリーに乗り込む

高松港からフェリーに乗りました。
f:id:bananarian:20190208101033j:plain

めおん号です。
女木の「め」と男木の「お」でめおんです。
『ジャンボフェリー』公式サイト|神戸・大阪〜うどん県高松/小豆島・直島・四国 フェリー&高速バス

男木島到着

到着するとすぐ目に入るのが「男木島の魂」というアート作品。
外からの写真は良い具合に撮れなかったので、公式から引用。
f:id:bananarian:20190208101737j:plain
男木島の観光情報|男木島・女木島フェリーの雌雄島海運より

外からの写真が有名ですが、中も良い感じです!
f:id:bananarian:20190208101838j:plain
こちらは良い感じに撮影出来ました。

男木島に来たらとりあえずこの建物に入ることをお勧めします。
観光案内や、その日にやっている飲食店等の情報があります!
あと、トイレもきれい!

歩く方舟

フェリーから降りて向かって右に進み、迷路のような路地を抜けると変なアート作品に出くわします。

f:id:bananarian:20190208102222j:plain
ん?なんか変なのがおる

f:id:bananarian:20190208102246j:plain
???

f:id:bananarian:20190208102306j:plain
結構大きい....!?

写真だとこんな感じだけど、リアルで見るともっと迫力があります!!

ここにたどり着くまでの通り道、浜辺で海を触れたり、猫に出くわしたりと意外と盛りだくさんです。

猫たち

で、肝心の猫ですが。それはもういっぱいいました。
歩く方舟の方に向かう道にいっぱいいます。
反対側の灯台方面(?)にはほとんどいませんでした。
やっぱり、漁師さんに餌を貰いたいから、浜辺近くにいるのでしょうか。


f:id:bananarian:20190208102649j:plain
ねこ!

f:id:bananarian:20190208102721j:plain
ねこ!

f:id:bananarian:20190208102751j:plain
ねこ!!

f:id:bananarian:20190208102934j:plain
ねこ!!!

f:id:bananarian:20190208102834j:plain
木で爪とぎしてたっぽい。

写真で撮ったのはこれくらいだけど、こんなもんじゃありません。
それはもうわらわら猫がいます笑

灯台へ向かう道で見かけた猫
f:id:bananarian:20190208103059j:plain


ご飯やさん

かき入れ時が夏っていうのもあるんだと思うんですけど、ご飯屋さんは1店舗除いて全て休業でした!
やっぱり夏に来るのが良いかもしれませんね~キャンプ場もあるみたいなので、猫と戯れつつ夏にキャンプってのがいいかもです。

ちなみに、香川の名産・美味しいご飯屋さんについては下記事にまとめたのであわせてご覧ください。
www.bananarian.net