バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

連休最終日はスパイスカレー作りに勤しむ

こんばんは。

3連休ももう最終日ですね〜。

みなさんは充実した連休を過ごせましたでしょうか。

 

以前の記事で言及しましたが、私は食べることが大好きなんです。

 

外食やインスタントも好きなんですけど、実は自分で料理することもちょいちょいあるんですよね〜。

自分で作ると自分の好みに合わせて味付けし放題なので、意外とハマっちゃいますよね笑。

 

ということで、連休最終日の今日はちょっと手間をかけてカレーを作ってみたのでブログに書いてみようと思います。

 

 

今日のカレーは「バターチキンカレー」にしました!

スパイスカレーの中でも、ザ・王道ですね。

 

f:id:bananarian:20180917201007j:plain

 

[ 材料 ]

鶏もも肉 ...... 600gくらい

ヨーグルト ...... 100gくらい

バター ...... 50g

ニンニク ...... 2片

ショウガ ...... 1~2片

玉ねぎ ...... 1個

ニンジン ...... 1本

ジャガイモ ...... 2個

トマト缶(カット)...... 1/4缶(100gくらい?)

生クリーム ......100cc(写真撮り忘れ)

はちみつ ......適量

《 パウダースパイス 》

ターメリック・クミン・コリアンダー・チリパウダー・クローブ・シナモン

《 ホールスパイス 》

クミンシード・コリアンダーシード・唐辛子・カルダモン・ローリエ

 

 

スパイスは目分量なので、好みで入れればいいと思うのですが、

今回はコリアンダーとチリパウダーを多め、シナモンはちょっとだけにしました。

 

あと、ホールのカルダモンとコリアンダーシードは、

そのままだと食べるときに気になるので少しだけ砕きました。

こういう一手間を惜しまないのが休日ならではですねえ。

 

 

余談ですが、初めての料理記事なので、きちんと材料を並べてみたんですがなかなか大変でした。

特にスパイスはいつも直で入れてしまうので…笑。

 

 

では早速、調理開始です。

 

バターチキンカレーは仕込みが大切!

ってことで、まずは鶏もも肉を一口大(私はやや大きめが好み)に切ってから塩コショウで揉んで15分間だけ寝かして、余計な水分をオフしてやります。

 

それからそいつに、パウダースパイスとヨーグルト、すりおろしたニンニクとショウガを混ぜ混ぜします。

f:id:bananarian:20180917203835j:plainf:id:bananarian:20180917204140j:plain

この状態で、2時間寝かせます!!

 

バターチキンカレーは仕込みが大切…というのはこういうことです笑。

時間があれば1晩寝かすのが理想的らしいですが、待ってられないですよね!(?)

 

 

 その間に、他の具材を切っておきます。

f:id:bananarian:20180917204647j:plain

 

玉ねぎは飴色に炒めて、ジャガイモとニンジンはレンジで4分くらいチンしておきます。

 

ちなみにせっかちな私は玉ねぎを飴色にする際、弱火でじっくり…なんて我慢ならないので、ある程度サラダ油を絡ませた玉ねぎを最初から中火で炒めてしまいます。

それから加減をみながら、強火で炒めて時々差し水をしていい感じにしちゃいます。

こんなんでも飴色たまねぎは一応できちゃうので、せっかちな人は是非。

  

 

そんなこんなで、2時間が経っていい感じに鶏もも肉がマリネされました。

f:id:bananarian:20180917205352j:plain

 

そしてこれを、オーブン(200度30分)で焼いて、、、

f:id:bananarian:20180917205549j:plain

 

すでに美味しそう…。。

 

このまま食べちゃいたくなる気持ちを抑えつつ、

 

フライパンにバターとホールスパイス(ローリエ以外)を入れて弱火で炒めます。

f:id:bananarian:20180917205752j:plain

このバターがとろけてる感じ、食欲がそそられます・・・

 

スパイスの香りが出てきたら、

さっきの鶏もも肉と飴色たまねぎを加えて、炒め合わせます。

f:id:bananarian:20180917210304j:plain

 

馴染んだら、ニンジンとジャガイモ、トマト缶(1/4)、はちみつ適量を加えて煮詰めます。ローリエもこのとき加えます〜。

 

f:id:bananarian:20180917210546j:plain

 

最後に、生クリーム100ccを加えて中火で10分くらい煮込む。

 

そして、とうとう、、、

 

完成!!やっとできた〜!!

 

f:id:bananarian:20180917210949j:plain

 

はいはい、盛り付け〜〜

 

f:id:bananarian:20180917211048j:plain

 

今日は、玄米ライスで、

キャベツとニンジンのピクルスとカリカリチーズ*1を添えてみました〜。

 

 

バターや生クリームでまろやかになるので、チリパウダーと唐辛子多めにしてみたのが個人的にはグッドでした〜。

 

すごい長くなっちゃいましたけど、美味しかったので本当に本当に暇な人 or スパイスカレーが大好きな同志の方々は是非是非やってみてください〜!

 

  

今回は時間に余裕があったので、色々と手間をかけましたが

鶏もも肉をオーブンで焼く工程はカットして、そのままホールスパイス+バターの時に炒め入れても大丈夫です。その場合は、鶏肉にちゃんと火が入るように煮込み時間だけ注意してくださいね。

 

あと各種スパイスは、クミン・ターメリックコリアンダー・チリパウダー以外のものは、ガラムマサラでもカバーできると思います。

  

 

ちなみに、 今回参考にした(多少アレンジもしましたが)

カレーの本はこれです。

これ1冊読んだらもう、スパイスの世界の奥深さに感服すること間違いなしです。

イラストが多いので絵本感覚で読めちゃいます。

 

 

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

また来週も3連休なので、1週間頑張りましょう〜(私は学生なので毎日が日曜日)

 

*1:カリカリチーズは、とろけるチーズみたいなのをフライパンで焼くだけでできちゃいます。フライパンにくっつかないようにクッキングシートを使って、スプーンでぎゅうぎゅう押しながら焼くとうまくいきます!