バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

サンマでしゃぶしゃぶをしました。北海道のスーパーってすごい。

実は私、今は大阪に住んでいますが、出身は北海道で、19年間北海道で暮らしていました。


大阪は5年目になります。


毎年何度か休みに入るたびに北海道に帰省をしており、今も絶賛帰省中です。



そんでもって昨日は小学校からの友人と飯でも作って食べようということでですね、

朝の九時半から近所のスーパーへ買い出しに行って、友人宅についたら、夜の19時までじっくーーーーり料理をして、飯を食いながら桃鉄パーティー(?)をしました笑




ちなみに作ったご飯はこんな感じ
f:id:bananarian:20180927153349j:plain
今回は、一番左から

「スモークチキン」「厚真産牡蠣蒸し」
小さい小鉢のセットとして「ローストビーフ」「サンマのなめろう」「ウズラの卵醤油漬け」「ひらまさと柿の和え物」「まつかわの肝の照り焼き」
「まつかわのお造り」「さんまの骨のカリカリ焼き」「さんましゃぶしゃぶ」

あと、左に見切れているけど、「しゃぶしゃぶ用の大量の野菜」
です。


ちなみに説明しておくと、
「ひらまさ」は中々希少な高級魚で、脂ものっていてとてもおいしいです。
ヒラマサは高級食材/庄内 海の幸99|荘内日報社

「まつかわ」はカレイの希少種です。こちらも高級魚。こちらもおいしかったです。
王鰈と呼ばれる魚、マツカワガレイ。 | 横浜丸魚株式会社



なんでこんなに高級魚が食卓に出ているんだ!?もしやブルジョアか??と思った方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことは全く無く、
なんとこのお料理総額は二人分で3000円、近所のスーパーで仕入れた食品のみを使って作っています。


もし大阪で同じものを作ろうと思ったら、この料理、サンマは11尾使っており、全て生食用。高級魚もネットで注文するしかないので、かなりドえらい額になっていたかと思います。



恥ずかしい話ですか、大阪で暮らしてから初めて自炊というものを始めたため、北海道で過ごしていた頃はほとんどスーパーに行く機会なんてありませんでした。

だから、スーパーはむしろ大阪のスーパーのイメージしかなかったのですが、帰ってきてみて、北海道のスーパーに足を運んでもうメチャクチャ驚きました。

大阪のスーパーでは絶対に見かけない希少な魚や高級魚がズラリと並んでいて、生食用の魚も豊富。生食用サンマが売られているなんて思いもしませんでした。


特に驚いたのが、この売り場ですね。「ほや」が売られているなんて、何事かと思いました。
f:id:bananarian:20180927155729j:plain




北海道って、正直かなり高齢化が進んでいて、私の地元も最近はお年寄りばかりなんですね。
どんどん活気がなくなっているんですけど、「料理好きの方にとってはもしや天国と言っても過言ではない地域なのでは!?」と思いました笑




サンマのしゃぶしゃぶ、美味しかったです。生食用のサンマを手に入れた際は是非。
ちなみに出汁は日高昆布と梅干で取っています。
f:id:bananarian:20180927153353j:plain