バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

R

統計検定1級対策解説~情報量基準編~

今回はAICです。 AIC周りの話は、カルバックライブラー情報量とAICにどういう結びつきがあるのか概要を知っておくことが重要になってきます。 AICとは 何の役に立つんだって話 オーバーフィットとは AICの式の意味 AICを使ってみる 余談(機械学習でよく使わ…

ゼロ過剰負の二項回帰のStanによる実装

今回は、ゼロ過剰負の二項回帰モデルをやりたいと思います。 なんか名前がゴツゴツしいですね。 とりあえず、今回もStanコードを書くのがメインなので、モデル部分はザックリいきます。目次 モデル ゼロ過剰とは 負の二項分布 負の二項回帰 Stanによる実装 …

階層ベイズ生存解析を用いたwebサイトの訪問者分析に関するStanでの実装

今回も少し難しめの話。 前回生存解析についてまとめたので、生存解析を使っているマーケティングモデルでも勉強してみようかと探してみたところ、次の論文があったので、論文モデルを整理しながらStanで実装してみようと思います。前回の生存解析の記事 www…

Rで行える生存解析を出来る限り初歩から解説してみる~ハザード率、cox比例ハザード、ログランク検定等~

今回は生存解析をやろうと思います。 生存解析に関する解説をしているブログは巷に溢れかえっていますが、他のブログよりもハザード率の解説を丁寧に行うことにより差別化を図っていければいいなと思っています。目次 ハザード率(Hazard Rates) 2種類のハザ…

消費者の情報探索行動の目的を反映した購買モデルをStanで実装する

今回も中々高度な話をやっていきます。消費者は何か物を買うときに「情報探索行動」を行います。 しかし、情報探索行動は特に物を買う気の無い消費者も行います。 例えば、特に買いたいものはないけど、流行をチェックするために服屋をぶらつくだとか、本屋…

多項プロビットモデルの最尤推定をRで行う方法と数理、気を付けるべき点

今回は多項プロビットモデルです。少々高度な内容になります。目次 多項プロビットモデル 具体例 数式 与えられているデータ 購買情報を踏まえた尤度 GHKアルゴリズム Rによる多項プロビット回帰 使用するデータ mlogit.data関数 mlogit関数 実行&結果 多項…

Rで多変量正規分布の最尤推定量を求める

今回は多変量正規分布についてやっていこうと思います。目次 多変量正規分布とは 求めたいパラメータ 使用する関数 mvnorm関数 optim関数 Rで実装 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 多変量正規分布とは n次元確率変数ベ…

R言語で勾配とヘシアンを出力する関数を作成する

Rには、微分して値を出力したり、ヘシアンを出力する既存関数としてderiv関数というものがあるみたいなのですが、 なんかネットで調べて試してみても、何か使い方がよくわかんなかったので、まどろっこしくなって作りました。関数形と微分したい変数名、変数…

Rで線形回帰において総当たり法を行う関数を作成する

今回は、前回書いた0と1の組み合わせを全て出力する関数を応用して、説明変数選択の自動化(総当たり法)を行ってみたいと思います。 ちなみに前回書いた記事とはこちら Rで任意の個数の0と1の組み合わせパターンを出力する関数を作る - バナナでもわかる話 何…

Rで任意の個数の0と1の組み合わせパターンを出力する関数を作る

今回はタイトルのような関数を作ってみたいと思います。 0と1の組み合わせってなんやねんっていうと、例えば2個のもので考えるならこんな感じ。この組み合わせの総数はあるので、手作業で頑張るのは個数が大きくなってくるとしんどいです。 ※5個の時点で32パ…

Rで行えるプロビット回帰に関するまとめ~最尤法、ベイズ~

今回はRでプロビット回帰を行う際に使用できる分析方法と、その注意点を上げておきます。目次 プロビット回帰とは 最尤法 モデル Rによるコード シミュレーション ベイズ 注意点とコメント 関連記事 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

Rで行うEMアルゴリズム~ゼロ過剰ポワソン分布を例にして~

今回は、EMアルゴリズムを用いて、ゼロ過剰ポワソン分布のパラメータの推定を行ってみようと思います。目次 過去記事 最尤推定 ゼロ過剰ポワソン分布の尤度関数 最尤推定量 Mの理論値 EMアルゴリズム アルゴリズム 実例 スポンサーリンク (adsbygoogle = win…

Rで行えるロジスティック回帰に関するまとめ~最尤法、Penalized Likelihood (Firth)、ベイズ~

今回はロジスティック回帰について、Rで出来ることを数式込みでまとめておきます。 目次 ロジスティック回帰とは 最尤法 モデル Rによるコード Penalized Likelihood (Firth) 数値的に 0 か 1 である確率が生じました モデル Rによるコード 両者のシミュレー…

Rで行える線形回帰分析法の一覧とその方法~最小二乗法・最尤法・ベイズ~

今回は、線形回帰分析に関するRでの分析法を1記事にまとめておこうと思います。目次 線形回帰分析とは シミュレーション用データ 最小二乗法 計算 Rによる最小二乗法 最小二乗法の特徴 最尤法 計算 Rによる最尤推定 最尤法の特徴 ベイズ 解説 Rstanによる実…

Rのplotを使ってNealの漏斗を可視化してみる

今日は、「StanとRでベイズ統計モデリング」という本の10章にあるNealの漏斗問題の可視化を簡単なコードだけで行ってみたいと思います。ちなみにStanとRでベイズ統計モデリングとは、こちらの本です。 こちらの本、全てのコードがしっかりサポートページに掲…

Rで組み合わせ(choose関数)を使ってInfが出た時の対処法

Rで組み合わせを考える際のパッケージとして基本的なものにchoose関数があります。例えばのようなものを考える場合には次のように打ち込みます。 > choose(5,2) [1] 10 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかし、大きな…

画像認識始めました~Rでスクラッチでエッジ検出をやってみた~

ここ最近画像認識を勉強中です。 とりあえず読んだ傍からスクラッチで書いていっています! 参考本はこれ。 そして過去記事一覧はこちら 画像認識 カテゴリーの記事一覧 - バナナでもわかる話 前回はバイラテラルフィルタをやってみました。 今回はバイラテ…

画像認識始めました~バイラテラルフィルタをRで実装してみた

最近画像認識について勉強中です。とりあえず、数式で理解した後スクラッチで書いてみるのが一番早いかなと思ったので、読んだ傍からRで書いています。 画像認識始めました~手始めにRでスクラッチでフィルタリングしてみた~ - バナナでもわかる話 画像認識始…

画像認識始めました~ガウシアンフィルタをRで実装してみた

最近画像認識について勉強中です。 画像認識始めました~手始めにRでスクラッチでフィルタリングしてみた~ - バナナでもわかる話 とりあえず、数式で理解した後スクラッチで書いてみるのが一番早いかなと思ったので、読んだ傍からRで書いています。 参考本は…

画像認識始めました~手始めにRでスクラッチでフィルタリングしてみた~

なんか、最近自動運転だなんだと画像認識が流行りらしくて、私画像認識についてはあまり詳しくないので入門の為に買ってみました。 で、まだ全部は読んではいないのですが、とりあえず読んだ傍からスクラッチでコードを書いてみようかと思ってるわけです。ス…

Rでミニゲームが出来る"fun"パッケージの解説~五目並べ,マインスイーパー,ライトアウトなど~

なんかRでマインスイーパーが出来ると聞いて、入れてみました!funパッケージ!ジョークで作られたパッケージですね。実用性は恐らくほぼありませんが、出来ることを解説していきます。まず、パッケージのインストールから install.packages("fun") library(…

時系列解析とは?時間の多項式トレンド(polynomial trends)を使った基本姿勢、計算方法とRコードの解説

そういえば時系列に関する話、あまり書いていないなと思ったので記事にしていこうと思います。スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 時系列とは? まず、簡単に時系列とは何かっていう話ですが、例えば株価とかを考えてもら…

識別条件を満たさないモデルをベイズで解釈する(?)

今回の記事は、ちょっとある噂を耳にしたのでそれに関する検証をしようかと思います。「識別条件を満たさないモデルでもベイズだと(どういう意味合かはわからないが)解釈出来るらしい」という話を耳にしまして。 ちょっとどういう意味合いで解釈できるのか、…

Rを使った相関分析の気を付けるべき一例

この間までは、相関係数は意外と扱いが難しいよーという話をしました。 相関係数の目安と解釈と注意点~舐めてかかると痛い目を見る話~ - バナナでもわかる話 最小二乗法による相関係数の導出~相関係数の意外な解釈法 - バナナでもわかる話 今回は、因果に関…

期待値の無いコーシー分布の平均を取ると何が起こるか

コーシー分布と言う分布があります。この分布ですが、裾が厚いため、広い範囲で値を取り、期待値の無い分布であると言われます。仕組み的には要はバラバラと外れ値のような値を取るため、期待値が収束しないわけなのですが、本当か?というのをシミュレーシ…

負の二項分布とRのrnbinom関数は何を表すのか

負の二項分布という分布があります。この負の二項分布ですが、解説書によって定義が違っているため、 事前に確認しないと何を指しているのかよくわからなくなる分布です。Rには、負の二項分布からの乱数を出力する関数としてrnbinom関数があるのですが、それ…

基礎からイメージで学ぶ統計学~大数法則編~

大数法則は有名ですね。 要は標本サイズをどんどん大きくしていくと、 標本平均が真の期待値に(確率的な意味で)収束するという定理です。 今回の記事は、大数法則を直感的に理解するということで、シミュレーションでの確認を行いましょう。 シミュレーショ…

ゼロ過剰ポアソン分布とは何か

統計学をやるとよくポアソン分布という分布を見かけます。詳細はこちら 基礎からイメージで学ぶ統計学~ポワソン分布編~ - バナナでもわかる話ただ、現実世界のデータ(特に経済データ)だと、ポアソン分布っぽいんだけど、ゼロが出る割合だけ異様に多くない?…

独立成分分析のマーケティングへの利用~fastICAを利用した顧客層の推定方法~

今回は独立成分分析という分析方法の、マーケティングへの利用についてお話します。 独立成分分析とは 主に音声やノイズをうまく分解する統計的な手法です。 色々な人の声や物音などが入り混じったノイズを、うまく分けます。 イメージは聖徳太子ですかね!?…

双日(株)【2768】は初心者でも買いやすい有望株?

歴史的な総合商社である「双日」ですが、よくよく見てみると安くて買いやすいし、良い株だなあと思ったので紹介します。 まず、簡単にチャートを見てみます。毎度のことながらquantmodパッケージを使います。 株取引には必須?Rのquantmodパッケージで簡単に…