バナナでもわかる話

計量経済学・統計学が専門の大学院生です。統計学・経済学・投資理論・マーケティング等々に関する勉強・解説ブログ。ときどき趣味も。極力数式は使わずイメージで説明出来るよう心掛けていますが、時々暴走します。

統計学基礎

統計検定1級対策問題集~ガンマ分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回はガンマ分布関連。 ガンマ関数の処理に慣れるまでは難しいかもしれません。 …

統計検定1級対策問題集~指数分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回は指数分布関連。 今回はそんなに難しい話はないです。 スポンサーリンク (ad…

統計検定1級対策問題集~正規分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回は正規分布関連。 多変量正規分布はまた別記事でやるとして、今回は1変量の正…

統計検定1級対策問題集~負の二項分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回は負の二項分布関連。 統計検定1級は、割と分布の畳み込みと、モーメント関連…

統計検定1級対策問題集~ポアソン分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回はポアソン分布関連。 統計検定1級は、割と分布の畳み込みと、モーメント関連…

統計検定1級対策問題集~二項分布編~

統計検定1級対策のために役立ちそうな計算問題をまとめるやつやっていきます。 統計検定前の最終チェックや、統計検定の勉強何をすれば分からないという場合に活用ください。 今回は二項分布関連。 統計検定1級は、割と分布の畳み込みと、モーメント関連の計…

Rで行える生存解析を出来る限り初歩から解説してみる~ハザード率、cox比例ハザード、ログランク検定等~

今回は生存解析をやろうと思います。 生存解析に関する解説をしているブログは巷に溢れかえっていますが、他のブログよりもハザード率の解説を丁寧に行うことにより差別化を図っていければいいなと思っています。目次 ハザード率(Hazard Rates) 2種類のハザ…

Rで多変量正規分布の最尤推定量を求める

今回は多変量正規分布についてやっていこうと思います。目次 多変量正規分布とは 求めたいパラメータ 使用する関数 mvnorm関数 optim関数 Rで実装 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 多変量正規分布とは n次元確率変数ベ…

R言語で勾配とヘシアンを出力する関数を作成する

Rには、微分して値を出力したり、ヘシアンを出力する既存関数としてderiv関数というものがあるみたいなのですが、 なんかネットで調べて試してみても、何か使い方がよくわかんなかったので、まどろっこしくなって作りました。関数形と微分したい変数名、変数…

Rで線形回帰において総当たり法を行う関数を作成する

今回は、前回書いた0と1の組み合わせを全て出力する関数を応用して、説明変数選択の自動化(総当たり法)を行ってみたいと思います。 ちなみに前回書いた記事とはこちら Rで任意の個数の0と1の組み合わせパターンを出力する関数を作る - バナナでもわかる話 何…

Rで行えるロジスティック回帰に関するまとめ~最尤法、Penalized Likelihood (Firth)、ベイズ~

今回はロジスティック回帰について、Rで出来ることを数式込みでまとめておきます。 目次 ロジスティック回帰とは 最尤法 モデル Rによるコード Penalized Likelihood (Firth) 数値的に 0 か 1 である確率が生じました モデル Rによるコード 両者のシミュレー…

Rで行える線形回帰分析法の一覧とその方法~最小二乗法・最尤法・ベイズ~

今回は、線形回帰分析に関するRでの分析法を1記事にまとめておこうと思います。目次 線形回帰分析とは シミュレーション用データ 最小二乗法 計算 Rによる最小二乗法 最小二乗法の特徴 最尤法 計算 Rによる最尤推定 最尤法の特徴 ベイズ 解説 Rstanによる実…

因子分析におけるスクリープロットの意味と解釈

今回はスクリープロットに関する話をします。 前記事でも書きましたが、探索的因子分析を行うにあたっては構造に特定の仮定を置かず、全ての因子から全ての項目に対しての関係を想定し、そこから探索的に構造を見つけていく必要がありました。 【初心者向け…

因子分析のクロンバックのアルファをどう解釈すべきか

今回は因子分析におけるクロンバックのアルファって何?っていう話をしようと思います。 因子分析自体よく知りませんという方はとりあえず、下リンクからどうぞ! 因子分析 カテゴリーの記事一覧 - バナナでもわかる話 スポンサーリンク (adsbygoogle = wind…

相関関係から因果関係を判断するために注意すべきこと

今日は因果関係の話でも。スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「収入が増えれば消費が増える」とか「広告を打てば売上が上がる」とかいったことを考えるにあたって、簡単に回帰分析をしてみましょう~!みたいな話はよく…

線形仮定を置かない相関係数の解釈~共分散に基づくもの~

何回か相関係数についての話をしてきましたが、今回が最終回です。 過去記事はこちら 相関係数の目安と解釈と注意点~舐めてかかると痛い目を見る話~ - バナナでもわかる話 最小二乗法による相関係数の導出~相関係数の意外な解釈法 - バナナでもわかる話 Rを…

Rを使った相関分析の気を付けるべき一例

この間までは、相関係数は意外と扱いが難しいよーという話をしました。 相関係数の目安と解釈と注意点~舐めてかかると痛い目を見る話~ - バナナでもわかる話 最小二乗法による相関係数の導出~相関係数の意外な解釈法 - バナナでもわかる話 今回は、因果に関…

最小二乗法による相関係数の導出~相関係数の意外な解釈法

前回は、相関係数って意外と難しいんだよーって話をしました。 相関係数の目安と解釈と注意点~舐めてかかると痛い目を見る話~ - バナナでもわかる話この記事のコメント欄にて、id:unemployed-economics さんから反応を頂けまして、分析に関して質問を頂いた…

相関係数の目安と解釈と注意点~舐めてかかると痛い目を見る話~

株式分析、回帰分析等々様々な場面で話題になる相関係数なんなら最近は高校でも習います。 「あー、知ってる知ってる。1か-1に近いほど直線になるんでしょう。」 でもちょっと待ってほしいんです。相関係数って意外と奥が深くて難しい代物だったりするんです…

基礎からイメージで学ぶ統計学~仮説検定の問題点編~

仮説検定の話に入ろうと思うのですが、 仮説検定については、僕の記事なんかよりも非常によくまとまっているサイトがあったので、とりあえず何も知らない方はこちらをご覧ください。 仮説検定とは?初心者にもわかりやすく解説! | 全人類がわかる統計学私の…

基礎からイメージで学ぶ統計学~最尤推定量編~

前回、一致推定量がどういうものかについて確認しました。 基礎からイメージで学ぶ統計学~一致推定量編~ - バナナでもわかる話 ここで一致推定量の一例として最尤推定量について解説します。 最尤推定量についても色々と面白い性質があるわけですが、初心者…

基礎からイメージで学ぶ統計学~一致推定量編~

前回は大数法則について確認しました。大数法則に従って、サンプルサイズを大きくしていった時に真の値に収束するような推定量を一致推定量と呼びます。 期待値の一致推定量 不偏推定量の話でやったは、前回の大数法則の記事で確認した通り一致推定量です。 …

基礎からイメージで学ぶ統計学~大数法則編~

大数法則は有名ですね。 要は標本サイズをどんどん大きくしていくと、 標本平均が真の期待値に(確率的な意味で)収束するという定理です。 今回の記事は、大数法則を直感的に理解するということで、シミュレーションでの確認を行いましょう。 シミュレーショ…

基礎からイメージで学ぶ統計学~最小二乗推定量編~

前回までで、不偏推定量とその評価軸として平均二乗誤差について学びました。 基礎からイメージで学ぶ統計学~不偏推定量編~ - バナナでもわかる話 今回は不偏推定量の一例として、最小二乗推定量について説明します。 線形回帰分析 今回は線形回帰分析の説明…

基礎からイメージで学ぶ統計学~不偏推定量編~

これまで何回かの記事で、正規分布、二項分布、ベルヌーイ分布、ポワソン分布など様々な分布を紹介しました。 bananarian.hatenablog.com 今回から推定量に関する話をします。 まず、統計学ですが、これは大まかに「推定」と「検定」に分けることができるん…

基礎からイメージで学ぶ統計学~ポワソン分布編~

前回、二項分布の話をして、一瞬出てきましたねポワソン分布。 bananarian.hatenablog.com 今回はポワソン分布の話をします。ポワソン分布の例としてよくあがるのは、こんな感じのヒストグラムです。 なんかほとんどゼロをとってますね。よくポワソン分布の…

基礎からイメージで学ぶ統計学~二項分布編~

前回は正規分布について話しました。 bananarian.hatenablog.com 今回は二項分布です。 具体例 歪みのないコインをN回投げたとします。歪みがないので、コインを1回投げて「表」が出る確率も「裏」が出る確率も同じであるとします。今回はN回投げています。…

基礎からイメージで学ぶ統計学~正規分布編~

前回の記事で、確率変数の背後には確率密度関数があるという話をしました。 bananarian.hatenablog.com これから何回かの記事では、その背後にある確率密度関数にはどのようなものがあるのかという話をしたいと思います。 正規分布の形 正規分布は例えば次の…

基礎からイメージで学ぶ統計学~確率変数編~

ブログ記事何を書こうと思っていた際に、読者の方から「もう少し統計学の基本的な話もやってほしい!」というお話を受けました! 確かに、統計学って特に、勉強のとっかかりが一番難しい印象があって、「確率変数???」「確率密度関数??」なんだなんだ?…